joe nakamura & eastwoods

NEWS & EVENTBIOGRAPHY中村ジョーHP

さよならだって素敵なもんさ


録音・ミックス・マスタリング/曽我部恵一  ジャケットイラストレーション/ルミンズ




>>ROSE RECORDS


NEWS & EVENT

NEW! 2017年1月29日(日)
出演/
・中村ジョー&イーストウッズ
・ドリトルズミニ(福島ピート幹夫、SACHI-A、藤原マヒト、鳥羽修)
・コーノカオル(河野薫、矢部浩司、鳥羽修、藤原マヒト)
会場/渋谷 七面鳥
時間/開場18:30 開演19:00
料金/予約・当日3000円(+1D)
予約/
本サイトにて受付中
下アドレスまで件名を「1/29七面鳥」とし、御名前、枚数を明記しメールください。返信をもって予約完了です。
ticket@joenakamura.com




※ライブ依頼はこちらまで joe.void.nakamura@gmail.com



BIOGRAPHY

さよならだって素敵なもんさ

中村ジョー&イーストウッズ
2014年春、自分のルーツである1960~80年代の音楽をリスペクトした新しいガレージソウルなシティポップを作りたいという中村ジョー(exザ・ハッピーズ、JOEY)の呼びかけにより、ドラムに北山ゆう子(MISOLA)、ベースに松木俊郎(Makkin & the new music stuff)、ギターに青芝和行(Backdoor Men)を迎え楽曲制作の為のリハーサルをスタートする。 当初ライブを行う予定は無かったが、バンド感を高める為に4月にU.F.O.CLUBにてライブを敢行。出来たての新曲と小坂忠の「機関車」のカバーを合わせた6曲を演奏する。
その後、鍵盤にWORLD STANDARDや湯川潮音のサポートメンバーも務める藤原マヒトを加えリハーサルを続行。8月に代々木バーバラでのイベントに参加。新曲を含むオリジナル7曲を演奏。
2014年の後半にはコーラス、パーカッションに、数多くのアーティストのサポートを務める“おきょん”こと福田恭子、そしてWack Wack Rhythm Bandのテナーサックス三橋俊哉、トランペット国見智子の2人が参加が決まり、現在の8人編成となる。
バンド名は、70年代アメリカンニューシネマから名付けたいと試行錯誤するもしっくりこず、ニューシネマを代表する俳優/監督クリント・イーストウッドより拝借した。

写真:柴田恵理





Copyright 2015 JOE NAKMURA & ROSE RECORDS